クリスタル・エネルギーセラピスト kino's ✩ blog

品川区のヒーリングサロン Crystal Stream の kino's blog。  クリスタルヒーリング、カラーセラピー、クロモセラピー、レイキ、エネルギーワークと・・・気の向くままにつぶやいていきます。Lineで『@kxk0589v』を検索して、ご登録を!月に一度、満月の遠隔ヒーリングサークルにご参加いただけます。

備忘。猫の話。。心の闇。

time 2017/03/17

備忘。猫の話。。心の闇。

今日は、暖かく良い天気だったので、空いた時間を使って
散歩へ。
サロンに缶詰だと、運動不足になってしまうのです。。

一点の曇りもない、鮮やかなブルーと白。

何故か、これを見たときに、これとは逆の、人間の心の闇・・・
みたいなものを思い出しました。
( 面南見北斗っぽいですが)

何を思い出したかというと、中学だったか?忘れましたが
国語の教科書に載っていた、梅崎春生の『猫の話』です。

これ、国語の授業中に、退屈で(笑)、先をパラパラめくって
読んでいて、見つけたのです。
授業では、メインの章のようなものとサブの資料編みたいな
感じでわかれていたと思います。

で、『猫の話』は章と章の間の、資料編のほうに載っていました。

内容としては、
青年と猫の話なんですが、なんとなく部屋に入ってきた猫に、餌を
やるようになって・・・
飼っているような・・・
でもべったりじゃない。。。
そんな感じの距離感だったのですが、
ある日、カロ(猫の名前)が車に引かれ死んでしまったのですよ。

で、物凄いショックを受けるのですが、
その青年は、死体をどうしようも出来ずに、何日も窓から
ただ眺めているのです。。
だんだん、カロがカロでなくなってくるような。

物凄く愛してたことにも気づくのですが、
ショックの傷を和らげるため、だんだんぼんやりした記憶に
なってくる。
人間の、ある意味生存するための自然の記憶の制御というか、
はじめから、カロはいなかったのではないか??
みたいな感覚もあったような。。。

すみません、うろ覚えなので。
ちゃんと読みたい方は、買ってください。(笑)

で、
この話を読んだ私は、授業中でしたが、物凄く動揺したのを
覚えています。

人間の心の闇に触れる、直視したくない部分を扱っている
この小説。

凄い!梅崎春生って。と、中坊の私は感嘆しました。

で、
今授業でやっている章が終われば、次はこの『猫の話』をやるはず。
この、
心の奥深く・・・を、
難しいテーマを、どうやって国語教師が取り扱うのか、物凄く
期待したのです。
(今思うと、生意気だな)

ワクワクしていました。

そして、次の国語の授業。

来るぞ、カロ!待ってろカロ!

と思ったら・・・

あっさり、『じゃ、次の章に進みま~~~す』と教師。
カロをとばしました。

まるで、『猫の話』自体が、その教科書に載っていないかのように。

カロがはじめから居なかったかのように、問題を無いものとしたように。

期待していただけに、ちょっとショックで。。

や、人間てこんなもんだ。

見たいものしか見ない。し、見えない。

そうやって、人間は、自分を守りながら生きていくんだな。

というのを、
汚れのない、春の青空を見上げながら思い出したのでした。。

追記:よくよく考えれば、青い空は地球から見た幻想で。
   宇宙的には、本当はいつも闇の中にいる・・・と思うと、
   あながち外してはいないな・・・と。(笑)

down

コメントする




カラーセラピー

グループワークWisdom Way

レイキ・エネルギーヒーリング

思ったことなど。。

満月の遠隔ヒーリングサークル