クリスタル・エネルギーセラピスト kino's ✩ blog

品川区のヒーリングサロン Crystal Stream の kino's blog。  クリスタルヒーリング、カラーセラピー、クロモセラピー、レイキ、エネルギーワークと・・・気の向くままにつぶやいていきます。Lineで『@kxk0589v』を検索して、ご登録を!

ワークショップ『ルーンのちから』お知らせ。

time 2016/11/01

ワークショップ『ルーンのちから』お知らせ。

12月、今年最後のワークショップになります『ルーンのちから』の
お知らせです。

ルーンを教えて欲しいです!!
とのご要望にお応えしての開催です。

ルーンって??なに??
という方もいらっしゃると思いますので、簡単に説明を。

ルーン文字は、古代北欧文字(古代ゲルマン人)の文字で、
アルファベットのように日常的なコミュニケーションツールとして
使われていました。
一方、その文字に神秘の力が宿っているとされ、
魔術や儀式などにも用いられていました。

ルーンは基本的に24個の文字と1つのブランク(空白)の25個を
使用します。
そのひとつひとつに意味があり、その時に必要な答えを出すため、行動に
移すためのパワーを授け、サポートしてくれます。

今回は、どなたでも判りやすく学べるような内容の入門編になります。
続編は、ルーンヒーリングのテクニックなどを予定しています。

imag4992

☆☆☆☆☆☆ワークショップ『ルーンのちから』☆☆☆☆☆☆

日時:2016年12月23日(金)
   13:30~16:30

内容:ルーンの歴史
   ルーン文字の意味・説明
   簡単なスプレッド
   お守り作り など

場所:東急目黒線 武蔵小山駅 徒歩9分
   お申し込みの方に詳細お知らせいたします。

参加費: 

持ち物:筆記用具
    ルーンをお持ちの方はご持参ください
    (無い場合、こちらでご用意しますので、お申し込み時に
    お知らせください。
    また、ご購入も可能です。(4000~5000円)

お申し込みは、line、FBメッセンジャー、メールなど。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ルーンは、自分なりに解釈をしながら、
占いというよりは、ヒーリング用に使うのが殆どでした。
私自身、
古くからの友人がルーン使いであり、彼女はエルダー読みで、
私が学んだ本は、アングロサクソン読みだったので、初めはかなり
混乱しました。
(ルーンは、同じ文字でも読み方がいろいろあります。)

が、ヒーリング用にルーンを使っていくことで、
その意味やパワーを理解できるようになりました。

そして、ルーン文字は、やはり1つ1つにパワーがあるのか、
絶対に答えを間違わない。
簡単で、深いメッセージを与えてくれます。

答えが欲しい時には、何よりの指標となります。
是非、ルーンの神秘の世界をのぞいてみてください。

16-10-25-17-39-30-336_deco

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

アチューンメントの感想

カラーセラピー

グループワークWisdom Way

ヒーリングの感想

レイキ・エネルギーヒーリング

ワークショップ・お茶会

思ったことなど。。

満月の遠隔ヒーリングサークル

kino

kino

品川区にあるヒーリングサロンCrystalStreamのkinoです。 クリスタルヒーリング、レイキ、カラーセラピー、ヒプノセラピーなど。 誰もが自分らしく、寛ぎながら、輝けるようにサポートします。 [詳細]

アーカイブ